• キャロル・ペイトマン『社会契約と性契約 近代国家はいかに成立したのか』
  • キャロル・ペイトマン『社会契約と性契約 近代国家はいかに成立したのか』
  • キャロル・ペイトマン『社会契約と性契約 近代国家はいかに成立したのか』
2024年秋冬新作 キャロル・ペイトマン『社会契約と性契約 近代国家はいかに成立したのか』 人文
  • 当日発送
  • 送料無料

2024年秋冬新作 キャロル・ペイトマン『社会契約と性契約 近代国家はいかに成立したのか』 人文

お気に入りブランド
販売価格 :

7650税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
2024年秋冬新作 キャロル・ペイトマン『社会契約と性契約 近代国家はいかに成立したのか』 人文
販売価格:¥7650 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

「社会契約と性契約 近代国家はいかに成立したのか」キャロル・ペイトマン / 中村 敏子定価: ¥ 7800※線引きなしです。#キャロル・ペイトマン #中村敏子 #中村_敏子 #本 #社会/政治・軍事
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>人文
商品の状態:目立った傷や汚れなし
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:佐川急便/日本郵便
発送元の地域:京都府
発送までの日数:1~2日で発送

商品の説明

社会契約と性契約――近代国家はいかに成立したのか | キャロル
社会契約と性契約――近代国家はいかに成立したのか | キャロル
社会契約と性契約(キャロル・ペイトマン [著] ; 中村敏子 訳) / 古本
社会契約と性契約(キャロル・ペイトマン [著] ; 中村敏子 訳) / 古本
キャロル・ペイトマン - Wikipedia
キャロル・ペイトマン - Wikipedia
現代に生きるカール・ポランニー:「大転換」の思想と理論 | ギャレス
現代に生きるカール・ポランニー:「大転換」の思想と理論 | ギャレス
株式会社ライトキャピタル – 不動産コンサルティング
株式会社ライトキャピタル – 不動産コンサルティング

最新のクチコミ

★★★

まだ届いていません…読後感また報告します。 改めて作品を思い起こすことができそうで、到着を楽しみにしています。

  • ちこれーと☆
  • 34歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

シリーズものにハマると買いたくなっちゃう、こういうメイキング〜的なやつ。制作秘話とか、名づけの由来とか、実は…な裏話とか、ファンとしてはたまりませんな。こうして空想の世界にどんどんリアリティーが加わり、その存在感が増してゆくのでありました。

  • ラックンクン
  • 22歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

昔の人も同じことをしていたのかととても面白かった。

  • よっしー9084
  • 30歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

伊坂幸太郎ファンの息子へプレゼント。さらに読みたい本が増えたようで・・・。伊坂ファンの方の仙台観光にもお勧めです、きっと。

  • もちもち大好き
  • 38歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

尾崎 翠を知ることができる入門書として図書館で試読してから購入。 作者の努力に感謝。

  • fkein
  • 26歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

なんだか論文を読んでるようで、学生時代を思い出しましたが、 寺山修司のいろいろな側面が知れて本当に面白い。 買ってよかった。

  • コミコミ1129
  • 34歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

あらゆる価値の価値転倒であった戦争から共同幻想、 困難な結婚の経緯から対幻想、 一人で戦うという覚語から個人幻想が抽出されたことが的確に述べられています。 価値ある人間の原像+人間の等価性=大衆の原像(230頁以下)であることが、吉本さんの生活思想に密着して論証されています。 本書は、吉本隆明が構築した壮大深遠な理論体系についての研究、批評ではなくて、生活思想を伝記的事象と著作からたどって、率直な意見と感想を述べたものです。 ですから本書は、吉本理論の解説書でも入門書でもなく、吉本思想に「手のひらをあて」(あとがき)て書かれた共感書というべきでしょう。

  • 嵐の夜に
  • 42歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品